2010年01月23日

長島スパーランド

去年の夏に連れと三重県の長島スパーランドの海水プールに行ってきた。
ジャンボ海水プールだ!
画像 044.jpg

ここは近畿、東海からいっせいに人が集まる。
着いたら快晴でワクワクしたぞ。
テンションも上がるわ!


プールなんぞ高校生以来だった。
水着も持っていなかったのでわざわざ買ったわ。
俺のたるんだ腹を皆の前でさらすことになるのか…
まぁいい。
今日日焼けしたら少しはたくましく見えるだろう。

入場門に行くまでケバブの出店があった。
画像 033.jpg

トルコ料理で肉を削って食べるやつだ。
うまそうだ…

だがプールに入る前に食べたら腹が出てしまう。
ここは食欲を抑えねば。


俺達は入場料3000円を払った。

高いわ!
貧乏人からまき上げおって!


中にはメチャクチャ人がおった!
家族連れや、カップル、女の子同士の友達など…。
若者もたくさんおった。
俺もまぜてくれ!
画像 046.jpg

それにしても若い男はいい体をしておる。
腹筋が割れている奴もいる。
得意気に肉体美を見せているのか?

おのれ…


プールにはたくさんの人が泳いでいた…
いや、泳いでいるというよりまるで温泉につかっているような図だ。
あまりにも人が多くて泳ぐ事などできん。
ちょっと泳げばすぐに隣の人にぶつかる。
せいぜい歩くので精一杯だ。

まるで行水よ。

ここは本格的に泳ぐところではないな。
泳ぐというより水とたわむれて雰囲気を楽しむところだ。
おそらく上流階級の人はこんなところにこないだろう。
常夏の南の島で優雅に泳いでいるに違いない。

金のない貧乏人共が一緒になって水とたわむれているのだ。

ウォータースライダーがたくさんあった!
画像 028.jpg


画像 030.jpg
せっかく高い金を払ったのだからすべることにした。   
しかし待ち時間が長い。最長1時間30分だとよ。


せっかく来たのだから待つことにする。
待っている間に俺達のすぐ前にカップル?がいてた。
聞こえてくる会話からあまりカップルらしさは感じなかったのだが。
仕事仲間か? ただの知り合いか?
まぁ2人で来るくらいだからカップルだな。

名古屋あたりから来たのだろう。
話す言葉が標準語に近かった。

歳は男が30過ぎ、女は20代後半といったところだろうか…
女の方はかわいくない。 

…自己主張が強そうな感じだな。
むぅ… 俺は苦手な感じだぞ。

男の方は…
容姿は普通だ。
芸人の江頭2:50に似ていた。
江頭を若くして目を大きくして髪を足したよな雰囲気だ。
仕事の苦労が顔ににじみ出ている感じだ。 日々疲れているのだろう…

10年後は頭がズルっといきそうな感じだ。
営業職でもやっているのか?
口は達者な感じだ。


会話が嫌でも聞こえてくるのだが…


とくに気にもとめていなかったのだが。
しかし会話を聞いていると結構ツッコミ所が満載だった。


男は結構しゃべるのだが、なぜかその内容は自分関連のことが多かった。
友達が経営者ですごい奴…、いつも高速道路を使っている… などなど
女は、へ〜 と相槌をうっている。

男の方が多く喋って女の方が相槌を打っている。

う〜む。

これは逆のほうがいいのではないのか?

女の方は明らかに江頭の会話を聞くのにしんどそうな雰囲気をだしているぞ。
女にしゃべらせたほうがいいのではないか?

女の子との会話は7:3位の割合で喋るのがいいのだぞ。
女に7喋らせて自分は3だ。
もしくは6喋らせて、自分は4だ。
これくらいがちょうどいいのだ。

しかし江頭!
お前が7喋ってどうする?
お前が気持ちよくなってどうするのだ!

おそらくそんな会話をしているとパコパコにはありつけんだろう…
我ばかり喋って気持ちよくなっているからな。

自分をホストだと思って聞き役に回って話を盛り上げたほうが得策だぞ。
これはナンパにもいえるのだが…。

さすがに待ち時間が長いのか男の方も会話のネタがなくなってきたのだろう…

こんどはテレビゲームの話を始めよった!
ドラクエの話だ。

メタルスタイムのことを語っていた。
経験地が高いがすぐに逃げられるからなかなか倒せない… などと
女がドラクエを知らないから説明していた。


よせ!

江頭!


女の方がしんどうそうにしているだろ!
ドラクエを知らんからつまらなさそうだろッ!

話題を変えたほうがいいぞ!

プールや夏に関連した話題のほうがいいのではないか?
もしくはスイーツやファッションの話はどうだ!?
そっちのほうが無難だぞ。





しかし江頭は熱くなっている。
女に、メタルスライムを倒す苦労を分かってほしかったのだろう。
止まらない…


熱く語れば語るほど女も引いていくのに…


空気を読んだほうがいい。
俺のような非モテのオッサンでも分かるぞ。

しかし本人は分からないのだろうな。


俺もこの江頭を反面教師にしないとな。

長い待ち時間楽しめたぞ。



そしてなんとかすべることができた。

さすがに高い金だすだけあってスリルのあるスライダーが多かった。
若者に混じって年甲斐も無く楽しんでしまったわ!


そして俺達はUFOスライダーに乗ることにした。
全長15mのチューブを抜けて、直径8mのUFOのようなボウルの中に入ると、そこはアリ地獄だ。
中央の穴にぐいぐい吸い寄せられてプールへ真っ逆さまだ。

ここもたくさん並んどるわぁ。

オッサンすべっているところをデジカメでとってもらった。


↓すべり落ちるオッサン
B2E8C1FC200-57.jpg


ぬぉぉ! すべり落ちていく!
B2E8C1FC200-58[1].jpg


気持ちいいのぉ。



上からみんなに見られて恥ずかしいぞ!




落ちる!
耐えられん!クソがッ!

画像 059.jpg


落ちた!
画像 051.jpg


そのまま水の中にドボンよ
画像 050.jpg


ぐるぐる回って水の中に落ちたぞ。
落ちた瞬間は怖かったがのぉ。



乗り物は待ち時間が多くてあまり乗れなかった。
しかし夏の雰囲気を存分に楽しめた。
また来たいですなあ。

posted by ムロウ at 17:02| Comment(0) | テーマパーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。